姉はヤンママ授乳中in実家

姉はヤンママ授乳中in実家【私母親がしちゃいけない顔してる!姉に夜這いして息子の側で膣内出し】

「何よ、アンタも飲みたいの?(笑)」ヤンママの人妻が、一つ屋根の下で授乳している!!

俺は現在大学2年生、実家暮らしで気ままな日々を送っていたが…十代で結婚し、家を出ていた姉貴(25)が次男を出産。

長男もまだ小さいこともあり、子育てのため実家へ戻ってくることに。

昔からガサツな性格の姉貴は、俺の目の前で平気でオッパイをあげたり、風呂上がりにパンツ一枚で長男を追い回したり。

2度の出産を経験し、すっかり人妻らしい肉付きになった姉の身体に俺の性欲は爆走寸前。

そんなある日の夜、姉貴との晩酌中に酔っ払った俺は売り言葉に買い言葉で、姉のオッパイを飲ませてもらうことに!?

当然、暴走したオスが授乳だけで止まるわけはなくて…

それ以来、まだ若いくせに子作り経験豊富なメスと家族に隠れてドスケベしまくりの毎日に♪

ネタばれ、あらすじ♪

拓也は同じ屋根の下に住む姉、アイカの事を「女」としか見れなくなっていた。

ある日の夜、拓也はアイカとその2人の子供が寝る部屋に忍び込む。(夜這い)

そして、ソロ~っとズボンとパンツをずり下した。

 

アイカがびっくりして起きると

「ちょっと姉貴の身体使わせてもらおうと思って…」

「この穴さえ貸してくれたらすぐ終わらせるから…!」

 

アイカも「部屋に帰ってオ〇っとけ」と口では言うが、身体と心は抵抗しきれていない。

「ほらっ ここ使わせてあげるだけだからね」

前戯も何もなしで、拓也は挿入する。

 

ズプ…

 

パンパン パンパン

 

…ああ、でもこのチ〇ポやばい…

いやだ あたしっ

いま絶対ダメな顔してる…

母親のしちゃいけない顔してるよぉぉぉぉ

あぁぁぁぁぁ

息子たちの隣で…
違う父親の精〇…
中に出されちゃってる…

感想

この背徳感満載、刺激的です♪

夜中にチ〇ポに精〇が溜まって、たまらない気持ちになってる拓也のセリフがかなりヤバイですね。

一度覚えた、姉貴のマ〇コの味。

前後見境なく、盛りまくります。

人間の3大欲求は、食欲・睡眠欲・性欲ですが、拓也は寝食忘れてセックスできそうな勢いです♪

 

そして最初は躊躇していた、姉アイカもだんだん弟のチ〇ポの良さに抗えなくなっています。

子供たちが眠るその横で拓也を受け入れてしまいます。

なんだかんだ言っても、性欲の大きさに人は勝てないのでしょうか?!

 

面白い♪

是非、一度読んでみてくださいね