Uncategorized

椿ヶ丘団地の管理人【沙也加のため…母はカラダを張ってでも娘を守る】

こんにちは。

当サイト管理人の麗子と申します。

エロ漫画サイトでランキングインして長い「椿ヶ丘団地の管理人」を手に取って見ました。

先ず私がこのシリーズを読んでみようと惹かれたのが表紙の女性

緑のエプロン?をしていてオッパイが横からはみ出ています

少し悲しそうな顔をしているので、このシリーズがどんなストーリー展開か気になります
面白いストーリー展開を期待してます

 


続きはこちらから

第四話、あらすじ

管理人の仕事は朝の8時に始まる

団地内の掃除だ

 

次はポンプ室前

ポンプ室ってどこだったかなと木瀬が困っていると坂口という年齢60歳前後の住人に声をかけられた

坂口は親切に、ポンプ室の場所を木瀬に教えてくれた

坂口はもう10年近くここに住んでいるのだった。

 

 

 

そして坂口は早速チケット一枚を木瀬に渡した。

 

来た

一枚サービス

口淫

 

券を渡されたら速やかにサービスを行わなければならないー『管理人規約』

 

木瀬は坂口に人気のない塀に囲まれた場所連れてこられた

 

躊躇する木瀬

 

でもその時、娘の沙也加のことが頭に浮かんだ

 

木瀬は意をけっしたかのように一気に喉まで坂口の肉棒を咥える

その時木瀬の中で何かが吹っ切れた。

 

これはただの『仕事』

感想

ついに木瀬にとっての初仕事が来ました。

そう、普通の管理人の仕事ではなく、性サービスの仕事です

最初のサービスのお客さんは、坂口という頭の禿げた60歳くらいと思われる男性です。

 

先ずは口でのサービス

でも初めての仕事で「口淫」は結構キツイものがありますよね

しかし木瀬は無事やり遂げました。(と言っても、これからもっとたくさんの「仕事」をこなしていかなくてはならないのでしょうが…)

 

生きていくためと娘の学費のために、木瀬は管理人になることを選びました。

決して贅沢をしたいわけではなく、子供を守るため管理人になりました。

まさに母強しです!

これから色んな「仕事」をこなしていかなくてはならない木瀬ですが、頑張ってほしいと応援してしまいたくなります


続きはこちらから