Uncategorized

椿ヶ丘団地の管理人【生きていくにはお金が必要。家賃も教育費も】

こんにちは。

当サイト管理人の麗子と申します。

エロ漫画サイトでランキングインして長い「椿ヶ丘団地の管理人」を手に取って見ました。

先ず私がこのシリーズを読んでみようと惹かれたのが表紙の女性

緑のエプロン?をしていてオッパイが横からはみ出ています

少し悲しそうな顔をしているので、このシリーズがどんなストーリー展開か気になります
面白いストーリー展開を期待してます♪

 


続きはこちらから

第三話、あらすじ

木瀬が管理人になるかどうか考えていること、同じくシングルマザーの管理人が言う。

 

娘の沙也加ちゃん来年高校生よね?

ちゃんと通わせてあげれるの?

あなた今、33よね?

その年でー

しかも母子家庭のあなたにまともな仕事が見つかると思う?

 

 

そして現管理人は自身もシングルマザーだからわかるという。

管理人の言うことは図星すぎた。

 

子供の将来を危険にさらしてどうするの?

 

それらの言葉は今の木瀬には痛いほど理解できる言葉であった。

一度家に帰り、木瀬が悩んでいると、沙也加が学校から帰ってきた

 

沙也加は言う

私、定時制に行くの

学費安いし昼間にバイトもできるしね

これ以上お母さんに迷惑かけたくないから

 

 

わ…

私は母親失格だ…

そして木瀬は管理人事務所を訪ねた

感想

やはり、木瀬は決心したんですね♪

でも、一度管理人になったらすぐ辞めれる仕事ではないし、苦渋の決断だったと思います。

(めちゃくちゃ感情移入してしまっている私…(笑))

子供が、

 

定時制に行くことにしたから

お母さんにこれ以上迷惑かけたくないから…

 

これは母親にとってはかなり突き刺さる言葉ですね

この一言が決断のきっかけになったことは否めないでしょう

お金のためにカラダを売ったとも言えますが、子供を守るための母親の愛を感じました

これから木瀬はどんなプレイをさせられるのでしょうね。

そしてこの管理人の仕事に対して木瀬の気持ちがどう変わっていくのかのストーリーが楽しみです♬


続きはこちらから