陸上部女子は俺の生オ〇ホ

陸上部女子は俺の生オ〇ホ!!!【ミアに狙いをさだめて】

俺は「バージン学園」と噂されるお嬢様学校で陸上部のコーチをやっている。

陸上部部長のあすかを「生オ〇ホ」と呼び、俺専用の「生きたオ〇ホール」である事を自覚させている。

あすかは超美少女で学業、運動トップクラスのAAA生徒で、俺の命令を何でも聞く。

何でもだ。

巨乳でアソコの具合も最高。

学内で毎日最低3回はハメている。
俺にはルールがあった。

『生オ〇ホは部長だけ』
生オ〇ホはあすかで5人、いや5本目。

 

学内でどこでもセックスライフを満喫する秘訣は、生オ〇ホを増やさないこと…

しかし、そこに海外から転校生が陸上部にやってきた。
彼女の名はミア・スチュワートソン。

 

ミアはあすかを凌ぐほどの超美少女の白人。
学業、運動トップクラスのAAA生徒で、オッパイはあすか以上のAAA巨乳だ。

ミアは、俺に5年間守り続けたルールをあっさりと変えさせた。

 

ミアは、初めての同時二本目の生オ〇ホになった…

これは、俺が2本の生オ〇ホを、卒業した生オ〇ホを、新入生の生オ〇ホを、限界を超え増やしていく成長サクセスストーリーだ。

 

生オ〇ホが増えるほど…俺の発射量もみるみる増えていく…

 

公式サイトはこちらから

ネタばれ、あらすじ♪

ミアが陸上部に入部して1週間…

ミアのコミュニケーションは問題だ…

 

 

ミアは意外なほどに内向的で周囲と打ち解けられなかった。

あすかだけに、べったりになっていた。

俺は改めてミアを観察した。

 

走るために生まれたしなやかさと強靭さを形づくっている骨格。

そして


公式ページ

規格外のおっぱい!

 

 

はちきれんばかりのランニングウェアをはぎ取って、見たい。

乳房はどんなふうに揺れるのか

どんな乳輪をしているのか

乳首は大きいのか小さいのか

 


公式ページ

 

そしてあすかと一緒に「居残り練習」という名目でミアに残るよう伝えた。

「ミアはもう少し柔軟をやった方がいいと思うの」とあすか。

それからほぼ毎日、俺はミアとあすかの居残り練習に付き合った。

 

ミアを先に帰しあすかと誰もいない校舎裏に来た。

ここは絶対に人が来ない、訳ではない。

あすかは激しく求めた。

声も殺しきれていない。

翌日からも、特朝、居残り練習とハメまくりの毎日だ

それから3週間が経った。

そろそろ、ミアにも仕掛けるころだな…明日俺はミアとセックスする。


公式ページ

感想

コーチの趣味がだいたい分かってきました。

コスプレが好き♪  あすかはいつも色んな色のランニングウェアを着ています。(トップとパンツが別になったツーピースタイプです)

 

屋外プレイが好き  あすかと外で、立ちバックや駅弁、色んな体位でセックスを楽しんでいます。

 

今回の巻での一番の見所は、あすかのランニングウェアと、コーチとのセックスの体位です♪

是非、楽しんで読んでくださいね。