Uncategorized

後輩女子が塩対応すぎて…押してダメなら挿入れてみた。【無料キャンペーン中】

「いきなり…そんなトコロ…んっ」

じわっと濡れたアソコをグチュグチュと指で掻き回すと、お堅い後輩はうるうる涙目で感じて…即イキ!--

会社の資料室で黙々と書類整理中…
だけど事務的な後輩と2人きりなんて空気が重い…。

 

「そうだ!こういう時は昨日読んだ少女マンガの…」静寂の中から、いきなりの壁ドン!すると一転、さっきまでとは違ういい雰囲気に…?

閉じ切った密室の熱気で汗だくになり、ぴったりと身体に張り付いたシャツ。

 

おっぱいを揉みしだき、硬くなった先端をコリコリと愛撫!
恥ずかしながら喘ぐ後輩ちゃんに、先輩の暴走Hはますますエスカレート!

公式サイトはこちらから

※検索バーに「後輩女子」と入力ください。

ネタばれ、あらすじ♪

風呂場でだんだんと気持ちよくなっていく才川と白宮。

ついに才川が白宮を手に入れた。

 

白宮も、才川を積極的に求めるようになった。

風呂場で二人の身体はぶつかり合う。

 

次の日…

白宮がエッチな夢から目を覚ますと、そこには置手紙があった

白宮も昨日の行動は行き過ぎたと言え、才川の姿を見ると甘えたい気持ちになるくらい、心許し始めている。

 

しかし、行き過ぎた行為をしたこと自体は、才川に謝らないといけないなあと思い、次の日才川を呼び出して、

すごく迷惑をかけてしまって

 

 

あ…あの あれはなんといいますか

熱で…混乱していたので

忘れてほしい…です

 

えーーーーー??混乱してきた才川。

 

その日から

白宮はまたも、才川を避け始めた。

ある日、二人は給湯室で偶然出くわす。

すると…

社内恋愛の注意を受けた二人が行為を楽しんでいるところだった?!

そして、気まずい雰囲気を打ち破るかのごとく、白宮が話し始めた。

 

白宮も自分で自分の気持ちが分からないんだと。

先輩に身体触られるの嫌じゃないんです

むしろ触ってほしい…

才川はそれを聞いて、

 

白宮のブラジャーを取り、パンツもはぎ取った。

才川が白宮のマ〇コをペロペロと舐め始めた。

舌を挿入してみる

先輩の温かいものが入ってくる…

感想

複雑な女心が上手いこと描写されています。

この漫画の作者『文哉さん』は女性なのでしょうか。男性なのでしょうか…

女性の心には男性には分からない部分があって、そこが上手く描かれている気がします。

最初は才川に対して猜疑的だった白宮がちょっとずつ心を開いてむしろ積極的になってきています。

オフィスラブ…

才川と白宮が勤める会社は、他にも、オフィスラブしている男女がいます。

こんな会社に勤めてみたいです(笑)

 

公式サイトはこちらから

※検索バーに「後輩女子」と入力ください。