Uncategorized

後輩女子が塩対応すぎて…押してダメなら挿入れてみた。【無料キャンペーン中】

「いきなり…そんなトコロ…んっ」

じわっと濡れたアソコをグチュグチュと指で掻き回すと、お堅い後輩はうるうる涙目で感じて…即イキ!--

会社の資料室で黙々と書類整理中…
だけど事務的な後輩と2人きりなんて空気が重い…。

「そうだ!こういう時は昨日読んだ少女マンガの…」静寂の中から、いきなりの壁ドン!すると一転、さっきまでとは違ういい雰囲気に…?

 

閉じ切った密室の熱気で汗だくになり、ぴったりと身体に張り付いたシャツ。
おっぱいを揉みしだき、硬くなった先端をコリコリと愛撫!

恥ずかしながら喘ぐ後輩ちゃんに、先輩の暴走Hはますますエスカレート!

公式サイトはこちらから

※検索バーに「後輩女子」と入力ください。

ネタばれ、あらすじ♪

机の下で、才川は白宮の身体を触り始めた。

白宮は抵抗するが、抵抗しきれないでいる。

 

次第にエスカレートする才川は白宮に大胆にもこんなことを言った

「変になっていいよ もっと色んな白宮さんの姿 見せてよ」

 

 

しかし白宮が冷静になり

いい加減にしてください!!

なんでこんな酷いことばかりするんですか…

 

見損ないました。

もう今後一切私にかかわらないでください!!

 

次の日の朝礼で…

 

 

部長がアナウンスをする

非常に遺憾ながら…

社内で 淫らな行為を行ったものがいると報告がありました。

 

ドキッとする才川と白宮。

もしかして昨日の事がばれた?!

 

すると同僚が、

 

ここだけの話…

これって丸山と篠崎の事らしいよ…

 

ホッとするも、一歩間違えれば自分の事だったかもしれない。

 

しかし相変わらず、白宮からはずっと避けられ続けいる。

ある日の事、才川が会社に出勤すると、白宮の席に彼女いないことに気づいた。

彼女は熱を出し、お休みをもらったみたいだ。

 

才川が心配し、差し入れを持って白宮の家にお見舞いに行く。

しばらくすると、白宮が汗を流すためにお風呂に入りたいと言いだした。

熱のせいで白宮はお風呂で倒れ…

 

感想

社内恋愛ってはらはらしますよねぇ(私はしたことないけど(笑))

今回は朝礼のシーンから始まります。

社内で淫らな行為を行った者がいると…

才川と白宮以外にも、みだらな行為をした者がいるんかいー?!(笑)ってどんな淫らな会社やねんと思いましたが…

幸い、才川と白宮がの情事はばれてなかったわけですが…。

こんなギリギリの事があった後も、才川は白宮の事を諦めません(才川は超肉食系かも知れませんね)

こんなおり、才川にチャンス到来!!

白宮が熱で会社を休みました。

このチャンスを才川がどう活かすのか楽しみです♬

公式サイトはこちらから

※検索バーに「後輩女子」と入力ください。