Uncategorized

後輩女子が塩対応すぎて…押してダメなら挿入れてみた。【無料キャンペーン中】

「いきなり…そんなトコロ…んっ」
じわっと濡れたアソコをグチュグチュと指で掻き回すと、お堅い後輩はうるうる涙目で感じて…即イキ!--

 

 

会社の資料室で黙々と書類整理中…
だけど事務的な後輩と2人きりなんて空気が重い…。

 

 

「そうだ!こういう時は昨日読んだ少女マンガの…」静寂の中から、いきなりの壁ドン!すると一転、さっきまでとは違ういい雰囲気に…?

 

閉じ切った密室の熱気で汗だくになり、ぴったりと身体に張り付いたシャツ。
おっぱいを揉みしだき、硬くなった先端をコリコリと愛撫!

恥ずかしながら喘ぐ後輩ちゃんに、先輩の暴走Hはますますエスカレート!

公式サイトはこちらから

※検索バーに「後輩女子」と入力ください。

ネタばれ、あらすじ♪

密室の資料室で、キスをして、おっぱいを揉んで、お互いの身体を触り始めた才川と白宮。

誰かの声が資料室の外でしたものの、幸いにも扉の立てつけが悪く、外にいた人は諦めて帰っていった。

 

また身体を触り始めた二人も、暑さでのぼせてしまって、途中で止めることになった。

 

 

翌日

 

なんとなく気まずい空気が二人の間に流れる。

白宮にも避けられているようだ。

 

そして、仕事の時間も終わりオフィスには才川と白宮しかいなくなった。

すると、白宮が才川のところにやってきて言うには

 

昨日の事なんですけど…

全部忘れてください!!

社内恋愛は禁止されていますし…

 

 

そうこうしていると、誰もいないはずのオフィスに、忘れ物をした部長が戻ってきた。

とっさにデスクの下に隠れる二人

身体を密着させていると、才川の気持ちが刺激されていく。

また白宮の身体が見たいっ

 

しかし、向こうには忘れ物を取りに来た部長がいるのだ

心に火が付いた才川の行動はだんだんとエスカレートしていく。

抵抗しないととは分かっているのに、抵抗しきれない白宮。

才川は、またも白宮のパンツに手を入れた

感想

テレビドラマでありそうなシーンになってきました。」

 

誰もいないオフィスで…

 

 

白宮は、昨日二人の間に起こった事をお互いに忘れて普段通りに戻りたいので、才川に忘れましょうというが、その矢先部長がオフィスに忘れ物を取りに来て、とっさに机の下に身を隠します

この身体が密着せざるを得ない状況…。

ムラムラした才川が、白川のおっぱいを触るところから始めます。

 

 

向こうには部長がいるので声も出せないし抵抗もできない白川。

こんな状況に置かれたら、誰だってムラムラしますよね♪

ダメだ、だめだと思うほど、身体は逆の事をしてしまう…

 

才川はそのまま本能のままに白宮を触り続けるのでしょうか…

 

 

公式サイトはこちらから

※検索バーに「後輩女子」と入力ください。