Uncategorized

後輩女子が塩対応すぎて…押してダメなら挿入れてみた。【無料キャンペーン中】

「いきなり…そんなトコロ…んっ」

じわっと濡れたアソコをグチュグチュと指で掻き回すと、お堅い後輩はうるうる涙目で感じて…即イキ!--

 

会社の資料室で黙々と書類整理中…

だけど事務的な後輩と2人きりなんて空気が重い…。

 

「そうだ!こういう時は昨日読んだ少女マンガの…」静寂の中から、いきなりの壁ドン!すると一転、さっきまでとは違ういい雰囲気に…?

 

閉じ切った密室の熱気で汗だくになり、ぴったりと身体に張り付いたシャツ。

おっぱいを揉みしだき、硬くなった先端をコリコリと愛撫!

 

恥ずかしながら喘ぐ後輩ちゃんに、先輩の暴走Hはますますエスカレート!

 

公式サイトはこちらから

※検索バーに「後輩女子」と入力ください。

ネタばれ、あらすじ♪

主人公・才川はオンナ心が分からずまたも振られたばかりの男性社員。

同じ会社に勤める白宮のことが何となく気に入っている。

 

ある日、自分の女心の理解の無さを情けなく思い、「少女マンガ」でも読んでみようと決心する。

 

とりあえずヒロインが白宮に似ているマンガがあったので、読み始めると意外にも面白いことに気づき、徹夜で全巻を読み終えた。

 

次の日…

白宮が資料室の前で困っているようだったので、白宮に何か手伝おうかと申し出た才川

白宮が、才川に無理して手伝わなくてもいいと言ってくる。

才川は、「昨日少女マンガで読んだ」ものではこういう時は

 

壁ドンだ!

 

相変わらず、反応のない白宮。

じゃあ、次は

 

キス!!

な なんてことするんですか?!と白宮に押し返されるが…

2人が転倒した拍子に、才川の手が白宮のおっぱいに…

 

 

嫌がる様子のない白宮に、才川の行為がエスカレートしていく。

ブラジャーを無理やり取り、おっぱいを舐めたり…

パンツの上から白宮のマ〇コを触ってみた。

 

次第に気持ちよさそうな表情になっていく白宮。

パンツの上から触ると濡れているのがよく分かった。

思い切ってパンツを下ろし、中に手を挿入れてみる

 

すると、資料室の外から誰かの声が…

「そういえば俺 資料室にようがあったんだ」

ガチャ…。

 

感想

普通のオフィスで起こりそうなオフィスラブがはじまりそうな展開ですね。

資料室みたいに閉ざされた空間でお気に入りの同僚と…そんな妄想したことありませんか?(笑)

私はあります。

 

突然、お気に入りの同僚に襲われようが、気に入っていたら問題ありません。

 

でも、この時点では白宮が才川の事を気に入っているのか明らかではありません。

少なくともいえることは、才川がマ〇コを触ってきても嫌がっていないということです。

白宮の「塩対応」に、これから才川がどう仕掛けていくか見ものですね。

 

公式サイトはこちらから

※検索バーに「後輩女子」と入力ください。