普通の主婦が風俗に堕ちた理由

ほよよ堂~普通の主婦が風俗に堕ちた理由【仕事初め|その4】

会員登録しなくても無料試し読みができます♪

下記に無料試し方法を記載しています

2万ポイントゲット|無料お試し読み!普通の主婦が風俗に堕ちた理由普通の主婦が風俗に堕ちたを無料で読む方法。BookLive!コミックで20000ポイントを手に入れる方法...

 

夫の転職により給料が減り、貯金を切り崩しながら生活をしていた普通の主婦・葉山理子(40)

しかし、ついに貯金も底をついてしまう…

困った理子はネットで高額のバイトはないものかと検索をかけてみるが…
出てくるのは風俗ばかり。

そんな中、「何もしなくていい風俗」という求人がふと目に入ってくる…

「ダメダメ!風俗なんて」と否定する理子だったが…
結局、面接を受けることに!

 

「話を聞くだけよ、やばそうだったら逃げればいいし。。」と自分に言い聞かせる理子だったが、お店の人の丁寧な説明によりだんだんとその気になってしまう!

そして、勢いと祝い金に釣られ、押し切られるように体験入店をすることになってしまい…!?

『普通の主婦が風俗に堕ちた理由』を無料お試し読みをしてみよう

2万ポイントゲット|無料お試し読み!普通の主婦が風俗に堕ちた理由普通の主婦が風俗に堕ちたを無料で読む方法。BookLive!コミックで20000ポイントを手に入れる方法...

公式サイトはこちらから

※検索バーに「普通の主婦」と入力してください。

ネタばれ、あらすじ♪

店名サキは旦那がリストラ・転職で年収が下がり、高収入のバイトを探していた。

 

何もしなくていい風俗ということで、駄目だったら辞めたらいいかという軽い気持ちで入った。

 

 

最初の一か月は新人枠ということでいわゆる「オプション」なしでお客さんにも来てもらっていたが、一か月を過ぎることから、オプション無しでは飽きてきたお客さんが少しづつ離れていった。

 

唯一の固定客はサキの初めてのお客さんである「あつし」だけだった。

 

 

ある日あつしに「サキさんはオプションはしないのですか?」と言われ、あつしだけは失えないと思ったサキは、その場で「あつし君だけには」と言ってしまった。

 

するとあつしは、サキさんとセックスがしたいと、いきなり襲ってきたのだ。

 

 

2人はねちっこいキスをし、あつしは

だめ?サキさんのここにチ〇ポ挿れちゃだめ?

 

サキはダメよと言いながらも本気で止めることができなかった。

ダメダメと言いながらも、あつしは自分をとめられない。

またサキも強く拒否できない。

 

 

2人はついに一つになってしまった。

あつしは最後までフィニッシュした後、我に返る。

 

 

さきさん、ごめんなさい。

ぼく、興奮して気持ちを抑えられなくて!

虫のいい話だけど、お店には報告しないで欲しいです。

もう二度とお店には来ませんから

 

 

ううん。大丈夫よ あつし君。

私はまたあつし君に指名してほしいな。

サキがその時考えていたのは…。

感想

とってもリアリティがあって面白かったです。

 

男性はタイプの女性を目にしたら理性が効かなくなることが多いし、女性はお金に困っている時に助けてくれる人が好きだし…(笑)

この「あつし」というサキの初めてのお客さん、見た目は大人しそうなのに、セックスは意外に肉食系だなあと感じました。

 

 

このギャップが良いですね♪

 

 

あつしはすっかり熟女の罠にはまり、野生の血が騒いでいるようです。

 

サキにとってもあつしが唯一の固定客で、あつしの事は失えない。

頻繁に来てくれるあつしに対して特別な気持ちを抱きつつあると思います。

まあ、そんな時も女性は、その男性がどれだけお金を使ってくれるのかを計算して割と冷静に判断してると思いますが。

そんな人間心理が上手く描かれているなあと思いました。

 

公式サイトはこちらから

※検索バーに「普通の主婦」と入力してください。