S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常【何度も気絶し気絶して私の一日は終わります。】

M譲が嫁いだS家には優秀な子を孕ませるため嫁いだ者にある教育を行う習慣があった。

メリーの一日はメイドによる膣内のチェックから始まります。
膣に張形を入れたまま馬術の稽古、医者から学ぶ女性器の名称と触られた時の反応…

これもすべて「充分に快楽を得られる身体で身籠った子は優秀に育つ」というサルバトール家の方針のためです。

様々な教育を終え、夜、旦那様と2人きりの時間が始まります。
一日頑張ったご褒美に膣奥にたっぷりと種付けをしてくださる時間がメリーの一番の楽しみなのです…

ネタばれ、あらすじ♪

さあ、いよいよメリーお待ちかねのオマ〇コ挿入だ。

 

メリーの膣壁はざらざらとしていて〇頭をこれでもかと擦って精〇を絞り取ろうとするんだ。

 

 

子供ができたら搾乳の練習もするつもりの二人

この感度抜群のいやらしい乳首から牛みたいに母乳をビュービュー吹き出せるように

赤ちゃんが飲みきれない分は、旦那さんが飲むつもりだ

2人ともどんどん気持ちが良くなってきている。

 

 

メリーの子宮もおりてきている。

メリーはポルチオでイッた。

次はア〇ルに旦那様の張形を挿入れて、メリーは二本のチ〇ポでイキ狂う。

感想

終始濡れ場の巻でした。

乱れまくって、ヨダレを垂らしているメリーの元の美人な顔が分かりません(笑)

 

男性はこんな美人がヨダレを垂らして、乱れまくっている姿に興奮を覚えるでしょうね

 

 

は淑女のように…夜は娼婦のように…

 

この男性の理想の世界を上手く描いた漫画だと思います。

こういう優雅な生活を送っている人はたくさん時間がある分、日々エロイ事ばかり考えているんじゃないでしょうか

 

優雅な貴族の生活を垣間見させてもらったような漫画でした。

一読の価値ありです。