S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常【旦那様との初セックスは素晴らしいものでした】

M譲が嫁いだS家には優秀な子を孕ませるため嫁いだ者にある教育を行う習慣があった。

メリーの一日はメイドによる膣内のチェックから始まります。

膣に張形を入れたまま馬術の稽古、医者から学ぶ女性器の名称と触られた時の反応…

これもすべて「充分に快楽を得られる身体で身籠った子は優秀に育つ」というサルバトーレ家の方針のためです。

様々な教育を終え、夜、旦那様と2人きりの時間が始まります。

 

一日頑張ったご褒美に膣奥にたっぷりと種付けをしてくださる時間がメリーの一番の楽しみなのです…

ネタばれ、あらすじ♪

亀甲縛りされ、フックで天井から吊るされギャラリーでアートにされていたメリー

メリーの意図せず股の蜜が溢れてきていた。

マスターはその様子をじっと見ていた。

 

今まで、誰にも見向き去れず生きてきたメリーにとって「初めて他人によって奪われた自由」が快感となって襲ってきた。

また縄が股間の一点をかすった時、メリーは衝撃を感じた。

マスターはスラックスの前を開け、ぺ〇スを取り出し扱き始めた。

 

しばらくすると、低いうめき声と共に、ぺ〇スから白い液体が飛び出した。

 

そしてメリーの作品タイトルは

「処女絶頂」と名付けられ、メリーは展示の舞台に立つことになった。

 

ある日、団長が一人の男性を連れて訓練中のテントに来た。

その男性は一目でメリーを気に入ってしまい…

数日後、メリーはその男性ドクターサルバトールのもとに嫁ぐことになった。

結婚初夜、旦那様に何度もイかされしまいには気絶してしまったメリー

翌日から完全に旦那様のとりこになった

感想

第4話は絶対的に、SMプレイが好きな人におすすめの一冊です。

 

巷に亀甲縛りを扱った漫画、SMプレイを扱った漫画が数少ないと思っていました。この漫画は貴重な一冊となるはずです。

 

第4話は美しく亀甲縛りされ、天井から吊るされたメリーがとっても綺麗です。

亀甲縛りされながら、何かイタズラされるのかなと思いましたが、マスターに「見られる」だけでした。

またそういうハラハラさせる所も、ちょっとした興奮材料になります。

また旦那様との初夜のシーンもかなり抜けます。

ベッドシーンのコスチュームかなりカワイイコルセットです