母さんじゃなきゃダメなんだっ!!

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!【お父さんが来る前に抜いて…】

こんにちは!

当サイト管理人、人妻麗子です。

今日も濡れる一冊が読みたいと、とっておきをピックアップしました。

今の私の気分的に、ちょっと刺激が欲しかったので禁断の母子相姦。

読む前からエッチな気分になってます♪

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

第9話、あらすじ

 

夏休みのある日…。

祐一は、朝からなかなか起きてこず、母が心配になって二階にある祐一の部屋に起こしに行った。

まだ眠っている祐一。

 

祐一、いい加減起きなさい

朝ごはんとっくに出来てるのよ

 

ガバっと抱き付く祐一。

 

母さん起こしに来るの待ってたんだ。

 

と言って、ギンギンのチ〇ポで盛り上がった下半身指さす。

 

このままじゃ降りれないよ~~と甘えた声で母にお願いする。

口でいいからして



父が階下にいるので、と祐一のお願いをはねのける母だったが

速さには自信があるから!とドヤ顔だ

 

階下では、父親が祐一の事を心配し始めている。

母は祐一のチ〇ポを咥え早く「イかせる」ため、祐一の感じる所を丁寧に舐めていく

 

 

舌の先端で祐一のチ〇ポをなめてあげたり

金〇を一緒に触ってあげたり…

 

な なんか 母さん上手くなってない…?

 

母が動きを早めるともう、祐一は頂点に達した。

イクッ…!!

あっ あっ の 飲んでっ…!

そういって祐一は濃厚なザ〇メンを母の口内に射〇した。



感想

祐一と母の関係は、恋人のような関係に近づいているなあと感じます

 

2人の身体は一つなのですが、気持ち的な部分でも祐一と母は繋がりを強めています。

祐一がわざと寝室から出ず、母が起こしに来るのを待っていたというシーンはラブラブの恋人のようです。

父が階下にいるのに、祐一は母に口で抜いて欲しいとお願いします。

その姿はすごく可愛いです。

ずっと夫への罪悪感も持っていた母ですが、少しづつ夫に対する罪悪感よりも、祐一に対する愛情の方が大きくなってきている気がします。

同じ屋根の下で、一階に父親がいるのに二階では息子のチ〇ポを咥えている

ハラハラします。♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽