母さんじゃなきゃダメなんだっ!!

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!【胸でお尻で○○で…若い性衝動は抑えられない】

こんにちは!

当サイト管理人、人妻麗子です。

今日も濡れる一冊が読みたいと、一冊とっておきをピックアップしました。

今の私の気分的に、ちょっと刺激が欲しかったので禁断の母子相姦。
読む前からエッチな気分になってます♪

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

第六話、あらすじ

その後も若い性衝動は留まるところを知らず

 

避妊具が無い時も

祐一がお小遣いを使い終わった後も

母の身体を求めてくる

母は断固としてその要求をはねのける。

 

じゃあ口で…。

胸で…

お尻で…

毛細血管がいっぱい詰まっているワキで…

母の足の裏で…

 

母の身体の至るところを使って…

母は息子の性処理をした




数日後…

どうしても母と、「本当のセックス」をしたい息子は父にお小遣いの前借りをした。

 

翌日祐一は早速避妊具を買う。

期待に胸を膨らませ帰宅する祐一

その時母は夕飯の支度で忙しかったのだが、祐一はお構いなしに母を求めてくる

 

母は、こんな関係は祐一のためにも止めさせないといけない。

しかし求められる度、結局息子を受け入れてしまう…

母は思った…

これで本当に最後にしよう…



感想

 

人生で一番血気盛んな歳の祐一

祐一は四六時中母の事が欲しくて欲しくて仕方ないのです。

 

避妊具を使い果たした後でさえ、性欲は留まるところを知らない。

避妊具なしではセックスしないルールになっているから祐一は母の身体のあらゆる部分で性処理をします。

もう祐一の頭の中は「セックス」のことでいっぱいですね♪

 

相手は息子だとしても、これだけ強く求められることって女性として嬉しいかもです

でも、母として、息子とのセクシャルな関係に終止符を打とうと考えますが…

求められると拒否しきれない。

避妊具が無い時は、せめてオマ〇コを使ったセックスはやめておこうという母の意志は感じます。

 

おっぱいで…

お尻で…

そして脇で…(笑)

 

でもこういう風に焦らされれば焦らされるほど、祐一の気持ちは盛り上がって行くと思います。

祐一がお小遣いが無くて、避妊具が買えない時どのようにして耐え凌ぐか見ものです。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽