夫の部下にイかされちゃう…抗えず感じてしまう不倫妻

夫の部下にイかされちゃう…【和彦が一度イッた後も実花は満足できず】抗えず感じてしまう不倫妻

「そこっ…そんなに舐めないで…っ!」巧妙に動き回る男の舌で、ピンク色に膨らんだ部分を刺激されて…。

ダメ、腰が浮いちゃう!

ファミレスで働く人妻・実花。

夫婦共働きで、セックスはご無沙汰だった。

忙しい時こそスキンシップが大事ーー

実花は、真っ暗なリビングで寝ている夫に全裸で迫る。

所が…相手は夫ではなく、夫が連れ帰った部下だった?!

「奥さんから迫ってくるなんて、大胆ですね」…

違うの、そんなつもりじゃーー

必死に否定しても男は止まらない。
夫が眠るすぐそばで、妻の秘所には男のモノが突き立てられて…!


続きはこちらから

ネタばれ、あらすじ♪

 

一ノ瀬とのセックスの思い出をどうにか消そうとする実花。

玄関に入った瞬間、夫・和彦を押し倒しキスをして激しく求め合う

 

もっと突いて

もっと気持ち良くして…

あの人(一ノ瀬)より…。

 

夫が一度イッた後も、実花はまた夫の肉棒を咥える。

 

じゅるるるる

ちゅば ちゅば

 

悶える和彦。

二回目はさっきより長く持つはず

もっと激しく…

 

 

実花は夫を貪り続ける

乳首をつねり、唾を垂らし、まるで野獣のように

 

 

私をめちゃくちゃにしていいから…

和彦さんでいっぱいに…

してほしいのに

どうして満たされないの

感想

実花が野獣のように、和彦のカラダを舐めまくり、激しく激しく求める姿、かなり濡れます。

 

一ノ瀬とのセックスの思い出があまりに強烈だから、実花もその思い出を和彦との思いでに塗り替えよう塗り替えようと、激しく求め合います。

 

ただ和彦は、一ノ瀬のように長くて激しいセックスができなくて、満たされない実花の思い…

 

ただのアクシデントで一線を越えてしまった一ノ瀬の関係がどんどん深みにハマっていきます。

 

実花は認めたくないかも知れませんが、実はカラダはもう一ノ瀬を拒否できないくらい一ノ瀬とのセックスが気持ち良くなっているのかもしれません。

 

膣が一ノ瀬の形になるまで犯されているのか…

カラダは一ノ瀬を求めて…

なんかエロイですね


続きはこちらから