Uncategorized

音楽プロデューサーが処女を買ったらその彼氏がプロアーティスト志望だった話

「これ、めっちゃいいギターじゃん!!」

「えへへ。桂君が喜んでくれてよかったぁ」彼は知らない。

その高価なプレゼントの代金を、彼女がどうやって稼いだのかを

プロ歌手志望の彼氏を持つ女子学生、小松澤まゆ。

大好きな彼の誕生日プレゼントを買うために、彼女は援交に手を出してしまう。

 

そして幸か不幸か、相手の男は音楽事務所のプロデューサー。

彼氏の夢の実現に繋がるかもしれないと、彼女は男の求めるまま動画撮影まで許してしまう。

彼氏に捧げるはずだった処女を奪われ、まだ未熟さの残る身体を好き放題に貪られる少女。

その身体は、心とは裏腹にメスの快感を覚えて…

健気な彼女と夢見る青年、そして性欲旺盛だけど以外にもプロ意識の高い中年が織りなす性春ストーリー

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「音楽プロデューサー」で検索

第一話 あらすじ

桂くん!誕生日おめでとう!

小松澤 真柚(こまつざわ まゆ)は彼氏の桂木 素晴(かつらぎ すばる)がずっとほしがっていたギターを誕生日に渡した。

彼らは同じ学校に通うカップルだ

まゆが、すばるが良いギターがあればもっといい演奏ができるって言っていたのを覚えていたのである。

すばるは喜んでプロの歌手になるから!と言った

しかしスバルが気になったのは、その値段とマユがどのようにしてそのギターを手にしたかということ。

マユが、お年玉を貯めて買ったんだというと、スバルは安心した。

マユはスバルにウソをついていた。

 

スバルの誕生日の3週間前…

マユの実家は閑静な住宅街の一画にある。

マユは中年男性と自分の家の前にいる

フジタという男だ。

本名は後藤田 徹(ごとうだ とおる)

 

偽名を使っていることからわかる通り、やましい行為に手を染めようとしていた。

売春である。

マユは近所の目がきになって、早く家に入ろうと言った。

さっそく二人はマユの部屋に上がる。

マユは単刀直入にお金の話をした。

マユとフジタは一回5万円で交渉済みだ。

「お付き合い」の値段自体は3万円だが、それではマユの希望を満たしていなかったので、マユの部屋でするということを条件に、2万円が上乗せされた

 

フジタがその5万円の使い道を聞く

マユは正直に、彼氏の誕生日プレゼントにCPE1200というギターが欲しいのだと言った。

フジタはそのギターの詳しいことを知っていた。

そのギターなら10万円はするよね?とフジタ

実はフジタは音楽プロダクションのプロデューサーなのだった

そしてマユに、もし動画を撮らしてくれたら10万円渡すと言った。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「音楽プロデューサー」で検索

さすがに動画は躊躇するまゆだった。

フジタの説得は続く。

もし動画をオッケーしてくれたらマユの彼氏がプロデビューするのに協力しても良いと

彼氏の実力を正当に評価するチャンスはあげれると。

確実にプロデビューさせるという胡散臭い話ではなく、プロ目線からの判断ということがむしろフジタは信頼できる人間だと思いオッケーした。

そして早速、動画撮影が始まった。

 

フジタはマユにインタビューから始める。

まずフジタがマユに名前は?と聞く

そして何歳?

マユが答えると喜ぶ藤田。

スカートめくってパンツ見せてもらえるかなぁとフジタが要望すると、マユはベッドの上に脚を立てた

フジタのインタビューは続く

彼氏も同じ学校?

彼氏とは何回ぐらいエッチしたの?と聞く

…。してないです

とマユ

フジタは平静を装いつつも気分は高揚していた。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「音楽プロデューサー」で検索

感想・みどころ

処女喪失が、援助交際を通してみることができます

フジタことの後藤田の見た目はどこにでもいそうな中年風の男性。

そして後藤田に一回3万円(部屋代込みで5万円)の交渉をしているのは処女の美少女。

このアンバランスで明らかに援助交際の組み合わせは、リアルで感情移入できました。

少女・マユと、後藤田の会話のセリフもとても自然で本当に現実にでもありそうで、話の続きに興味を持たせる良いマンガだなと思いました。

是非、一度お試し読みから手に取って読んでみてくださいね。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「音楽プロデューサー」で検索