絡みつく視線

絡みつく視線|僕の目の前で…トシヤが僕のお母さんを

こんにちは。

 

当サイト管理人の人妻麗子と申します。

夏も終わりに近づき、人肌恋しい時期になってまいりました。

今日の気分は「犯され系」

ということで、今日の一冊を選び、感想を書いてみました。

 

ねぐりえ先生の「絡みつく視線」

ロングセラーの作品です

第三話、あらすじ

智子が自宅でレイプ魔に犯されていると、智子の息子ケイタが、忘れ物を取りに家に帰ってきた。

 

母の気配を家に感じたケイタは、母が犯されている部屋の扉を開けた

 

マ…。ママっ!?

だ 誰…そのおじさん…

何で裸でおしっこしてたの

 

 

ケイタ、見ないで…

 

智子は子供が見るその目の前で男に犯されているのだ

 

ケイタは目の前にいるオジサンが言う「イッた」とかが何なのか意味が分かっていない。

ただ母親が裸でおしっこしているのはなぜだろうと思っているのだ。

 

イッたの意味が分からないなら、外の友達も連れておいで

みんなでエッチな勉強をしよう、とオジサン。

 

そして、ケイタの友達トシヤがやってきて、男に言われるがままにおち〇ちんを智子に挿入れたのだ。

トシヤは初めて知る女の味。

すると、玄関のチャイムが鳴る

トシヤの母・綾乃がクラブに来てないという連絡を受けて心配して智子の家に訪ねてきたのだった。

綾乃が部屋に通され見た光景はすさまじかった。

トシヤが智子を犯しているのだ!!

 

続きはこちらから

感想

この巻を読んだあと、思わず唸りました!

ふ…複雑すぎる。

 

レイプ魔に「エッチ」なことを教えられたケイタの友達のトシヤ。

トシヤは初めて女の味を教わったのです

 

このレイプ魔の男がケイタやトシヤと同じくらいの歳の頃、智子と同じくらいの歳の女性を犯したように、ケイタも女性の味を教えられます。

私は、今日読む漫画を選ぶのに「レイプ系」を探していましたが、どうやら私の期待をかなり上回ってくれそうに感じます。

 

なにが次起こるのか全く予想がつかないからです。

 

ケイタは自分の母親が自分の親友に犯されているを目の前で見るのです

そしてタイミングよく、トシヤの母が智子の家を訪ねてきました。

そこで綾乃が見た光景は?!

この流れは予想だにしていませんでした。

普通のエロ漫画には飽きた方へ

是非、この作品を読んでみてくださいね

続きはこちらから
続きはこちらから

「ねぐりえ」先生の人気作品