家畜の王

家畜の王【荒井啓】天才空手少女もついに…

不良グループの男子3人をいとも簡単に倒してしまった天才空手少女は彼らの恨みを買う。

そして咲への復讐を企んだ3人は、兄貴分である貴弘のところにお手伝いをお願いしに行く

 

咲はある日、不良グループから呼び出しを受けた。

指定された場所に行くと、お酒でべろべろに酔わされてしまった弟が…

弟は人質に取られてしまったのだった。

 

不良男子たちは咲に、裸になって土下座しろという。

 

断固として断る咲に、腹を立てた不良グループは貴弘に登場してもらうように言う。

貴弘と咲は対峙した。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「家畜」で検索

『家畜の王』第三話 あらすじ

貴弘と咲はさっそく戦い始める。

まず、先手を取ったのは咲。

しかし貴弘も負けてはいない。

咲の足を取り、ひっくり返した。

そして咲に忠告する。

 

お前だけでも早く帰った方がいい

あいつらマジでくずだ

 

しかし、咲はそのまま帰らずに戦い続けてしまう。

すると、貴弘が咲のお腹を蹴り上げた。

倒れる咲に、早く帰れと忠告する貴弘だったが負けん気の強い咲は諦めずに貴弘を倒そうとした。

貴弘が本気を出して咲を負かし始めた。

お腹を蹴り上げ、顔に肘鉄を食らわせた

咲の顔は腫れあがり、地面に叩きつけられてしまう。

 

喜ぶ不良男子たち

貴弘は一人帰っていった。

そして不良男子たちが、貴弘が仕留めた獲物を弄び始める

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「家畜」で検索

『家畜の王』を読んだ感想

貴弘自身は本当は咲とは戦いたくなかったのでしょうね

貴弘のセリフにその気持ちが表れています。

貴弘が早く帰れという忠告を聞かなかった咲は、貴弘によってぼこぼこにされてしまいます。

 

咲がやられてしまうシーンが結構リアルに描かれていて、見ごたえがあります。

めちゃくちゃ感情移入してハラハラしてみてしまいました。

 

咲が貴弘にぼこぼこにされるのを見て喜ぶ不良男子たちがエゲツナイです

貴弘は咲を倒した後はかえってしまいました

 

貴弘がいない状況の方が、不良男子たちはエゲツナイ事をしそうです。

次巻あたりからが、このシリーズの最高の見せ場になるのではないかなと予想しています。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「家畜」で検索