北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる

北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる。【処女を失った姪っ子もだんだん気持ち良く】

彼女は田舎村に嫁いだが、閉鎖的な土地柄故、村人に受け入れてもらえず悩んでいた。

 

ある夜、義父の背中を流しながら相談すると、村の風習【よそ者、房事まで】を教えてもらい、義父から「セックスしてみるか?」と誘われてしまう。

 

思わぬ誘いに驚きつつも、彼女の目に映るのは、夫よりも大きく、カチカチに反り返った逞しい義父のオチ〇チンだった。

 

あの硬くて太くて反り立っているアレが、自分のアソコにねじ込まれていく快感を想像し高ぶりを止められない北欧妻は

 

「村人に受け入れてもらえるため…」

「風習だから仕方がないから…」と自分に言い聞かせて義父との誘いに首を縦に振ってしまった。

義父のセックスは、北欧妻の期待をはるかに超えたもので、風習の名の下、彼女は貪るように快感を味わっていく。

無事、義父との風習を済ませた彼女だったが、村人から受け入れてもらうには、村人全員と房事(セックス)しなくてはならず…


続きはこちらから

ネタばれ、あらすじ♪

 

外国人妻と同じく、村人に中々馴染めない、姪っ子が最近のが外国人妻のご機嫌の良さに気が付いている。

 

 

最近している「村の風習」について姪っ子に話したところ、姪っ子も興味を持ちその日の夜、集会所へと向かった。

集会所に着いて、最初は嫌がっていた姪っ子。

外国人妻が姪っ子に、もう少し足を開くように促す。

 

ちゃんと奥まで入りましたね。

これが仲良しの方法なんですと外国人妻。

 

 

痛がる姪っ子。

姪っ子は処女だったのだ。

処女のマ〇コの締め付けがすごくて、三こすり半でイク者もいる。

興味を持った男どもがどんどん集まってくる。

 

 

 

最初は痛がっていた姪っ子も、チ〇ポの本数ごとに気持ち良くなってきているようだ。

そして外国人妻と姪っ子横並びになり村人たちと仲良くなっていった。

そんなことをしていると、聞き覚えのある声が…

 

 

外国人妻の旦那さんだ。

妻が夫の股間を見ると、見事に勃〇しているのがわかった。

感想

今回は、姪っ子がいよいよ登場です。

制服が似合う高校生で、スタイル抜群の別嬪さんです。

天然ボケの外国人妻が姪っ子を村の風習に参加させます。

姪っ子は外国人妻に羽交い絞めにされながらたくさんの男に犯される形で処女を喪失しますが、最初は痛がります。

 

そして、何本かチ〇ポを経験した後、だんだん気持ち良くなって、頭の緩い女の子のように幸せな笑顔をしています。

処女喪失の日に、

手コキ、フ〇ラ、乱交プレイ、中〇しと、外国人妻に手ほどきを受けるように経験していきます。

最後は外国人妻の夫、つまり叔父に自分の淫らな姿を見せることになります。

かなり内容盛りだくさんです♪


続きはこちらから