北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる

北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる【出された精〇は飲むこと】

彼女は田舎村に嫁いだが、閉鎖的な土地柄故、村人に受け入れてもらえず悩んでいた。

ある夜、義父の背中を流しながら相談すると、村の風習【よそ者、房事まで】を教えてもらい、義父から「セックスしてみるか?」と誘われてしまう。

 

思わぬ誘いに驚きつつも、彼女の目に映るのは、夫よりも大きく、カチカチに反り返った逞しい義父のオチ〇チンだった。

あの硬くて太くて反り立っているアレが、自分のアソコにねじ込まれていく快感を想像し高ぶりを止められない北欧妻は

「村人に受け入れてもらえるため…」

「風習だから仕方がないから…」と自分に言い聞かせて義父との誘いに首を縦に振ってしまった。

義父のセックスは、北欧妻の期待をはるかに超えたもので、風習の名の下、彼女は貪るように快感を味わっていく。

無事、義父との風習を済ませた彼女だったが、村人から受け入れてもらうには、村人全員と房事(セックス)しなくてはならず…


続きはこちらから

ネタばれ、あらすじ♪

何回も激しくイッた義父。

 

射〇が終わったチ〇チンはオンナの口で綺麗にするんだ

と義父。

礼儀…わかりました 頑張ります…

 

そして嫁がお掃除フ〇ラをしているとまた義父の股間がお大きくなってきた。

 

嫁の口の中でまたびくびく動き出して、挿入れられるのを待っているかのようだ。

そして今度は嫁の口の中で頂点に達する義父。

 

 

出された精〇は飲むこと

これも また礼儀だ 覚えておけ?と

わしの精〇はどうだった?

 

とっても濃くて美味しかったです

ようやく、村も風習も終わって、村の一員として認められるんだと思っていた外国人妻だったが…

 

風習は終わったはずなのに村人たちの視線は以前と変わらない。。

義父は、それは村人みんなと風習をしてないからだという

心配している嫁に

 

さすがに村人達をマ〇コ一つで相手させるなんてバカなことは言わない と

 

義父のアイディアは、マ〇コ一つではなく、ア〇ルも使えということだった。

ア〇ルに油を使い、おもちゃを使い、いざ義父のチ〇ポを挿入!!

これだけほぐせば十分だろうと、義父は満足そうだ。

 

感想

これだけ従順な嫁は稀で現実離れしていますが、(笑)

たまに義父と、外国人妻のやり取りがコントのように感じられて、クスッと笑ってしまいます。

 

もし妻が日本人という設定なら、相当頭チョロいんだろうなという感じですね。

外国人妻という設定だから、コントになると思います。

義父もどれだけ自分の立場利用してるねん♪って感じです。

今回のプレイは

 

お掃除フ〇ら、ア〇ル、口内射〇、ア〇ル・マ〇コ同時攻めと盛りだくさんです。


続きはこちらから