北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる

北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる【精をあびるのは礼儀なんだ】

彼女は田舎村に嫁いだが、閉鎖的な土地柄故、村人に受け入れてもらえず悩んでいた。

ある夜、義父の背中を流しながら相談すると、村の風習【よそ者、房事まで】を教えてもらい、義父から「セックスしてみるか?」と誘われてしまう。

 

思わぬ誘いに驚きつつも、彼女の目に映るのは、夫よりも大きく、カチカチに反り返った逞しい義父のオチ〇チンだった。

 

あの硬くて太くて反り立っているアレが、自分のアソコにねじ込まれていく快感を想像し高ぶりを止められない北欧妻

「村人に受け入れてもらえるため…」

「風習だから仕方がないから…」と自分に言い聞かせて義父との誘いに首を縦に振ってしまった。

 

義父のセックスは、北欧妻の期待をはるかに超えたもので、風習の名の下、彼女は貪るように快感を味わっていく。

 

 

無事、義父との風習を済ませた彼女だったが、村人から受け入れてもらうには、村人全員と房事(セックス)しなくてはならず…

 


続きはこちらから

ネタばれ、あらすじ♪

「村の風習」で義父と一緒の布団に入った外国人妻。

義父のオチ〇チンはもうギンギンで準備万端だ。

 

このたくましいオチ〇チンが

ワタシのおま〇こに

挿入ってくるー

あああ早く挿入れてほしい!

 

おおおっ おま〇こすでにとろとろじゃないか

くっ!膣がギュウギュウしめつけてくる

 

だめ!このオチ〇チンすごすぎ!

 

わしのが気に入ったようだな!

息子のと比べてどうだ?

 

そんなの言えませんっ!

 

 

そんなやり取りをしているうち、義父も外国人嫁も頂点に達する。

わしも久々だからイクぞ?

一緒にイクんだぞ

お前ぶっかけてやる

はい かけてください。

 

 

ドクン ドクン

一度は精を浴びるのが礼儀だからな

かけてやったぞ

 

そして次の日も、朝からギンギンの義父。

出社する夫を見送ったあと、義父は部屋でもう裸だった。

 

義父が嫁に挿入して楽しんでいると

ただいまー!と夫が帰ってきた声。

どうやら忘れ物をしたみたいだ

外国人妻は、扉を少し開けながら夫の忘れ物を渡した。

 

後ろでは義父に犯されている。

夫を再度見送ったあと、義父が

アイツにみられて興奮したな?

さらに義父は腰を振り続け、ようやく収まった…

感想

どこまでも従順な北欧から来た外国人妻。

義父の言うことは何でも聞き入れています。♪

外国人妻も、義父のチ〇ポが気に入ったようで、「村の風習」を口実に、義父とのアブノーマルセックスライフを楽しんでいますね。

 

そこは従順な外国人妻の自由奔放なところ。

どれだけ義父のチ〇ポが良いのか気になります。(笑)

義父とセックスをしていると、不意打ちで夫が忘れ物を取りに帰ってきます。

その時の夫とのやり取りが笑ってしまします。

夫から隠れたところで義父に犯されているのですが

 

「イクイクイクー」と嫁のセリフに

旦那が「会社は今日は一緒に行けないよ。またね」と返しています。

 

コントですね。(笑)

面白いので是非よんでみてくださいね。


続きはこちらから