北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる

北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる。【村の人と仲良くなるにはワシと風呂に入れ】

彼女は田舎村に嫁いだが、閉鎖的な土地柄故、村人に受け入れてもらえず悩んでいた。

 

ある夜、義父の背中を流しながら相談すると、村の風習【よそ者、房事まで】を教えてもらい、義父から「セックスしてみるか?」と誘われてしまう。

思わぬ誘いに驚きつつも、彼女の目に映るのは、夫よりも大きく、カチカチに反り返った逞しい義父のオチ〇チンだった。

 

 

あの硬くて太くて反り立っているアレが、自分のアソコにねじ込まれていく快感を想像し高ぶりを止められない北欧妻は

 

「村人に受け入れてもらえるため…」

 

「風習だから仕方がないから…」と自分に言い聞かせて義父との誘いに首を縦に振ってしまった。

 

義父のセックスは、北欧妻の期待をはるかに超えたもので、風習の名の下、彼女は貪るように快感を味わっていく。

 

無事、義父との風習を済ませた彼女だったが、村人から受け入れてもらうには、村人全員と房事(セックス)しなくてはならず…

 


続きはこちらから

ネタばれ、あらすじ♪

 

日本に嫁いできた外国人妻は日々悩んでいた

彼女が嫁いできたのはとある閉鎖的な村。

なかなか人と馴染めないのが彼女の悩みだった。

彼女が話せる相手は夫をのぞくと、夫の姪と義父くらいだった。

夫が帰るまでの話し相手は今、義父だけです。

義父に思い切って相談してみました

 

 

ワタシ 村の皆さんともっと仲良くなりたいんです

どうすればいいですか?

よし ならば今夜わしと一緒の風呂に入れ

嫁はうなずき、その日の夜義父と一緒にお風呂に入ることになった。

 

 

嫁は最初はタオルをつけたまま義父と風呂に入っていたが、

義父に

裸の付き合い肌と肌の触れ合いこそが仲良くなる秘訣だけ

と促され、タオルをとった…

すると、義父の勃〇しているチ〇ポに気づいた。

 

背中はもういいから、次は前を洗ってくれという…

すると義父からまたしても質問が

なあセックスは好きか?

村の風習で

『よそ者、房事まで』というものがある。

要するにセックスのことだ

どうだ…わしとしてみるか?

 

村人に受け入れてもらうには、と思い嫁はうなづきます。

そのまま義父は嫁を後ろから抱いて、そのまま布団に倒れこんだ

感想

今回第一話を読みましたが、義父が堂々と、自分の息子の嫁を誘っているところがなかなか笑いを誘います。(笑)

 

それに、素直にうなずく外国人妻が、外国人だけど「大和撫子」をイメージさせますね。

このシリーズのタイトルには「全員に寝取られる」とあるので、外国人妻がどこまで従順に従ってくれるのか見ものかも知れませんね。

 

こんなどんな要望にも応えてくれる妻、好きですか?そんな人には絶対的におススメです。

外国人妻の身体も美しく描かれていて、綺麗です。

おっぱいも大きすぎず程よい大きさの形の良いオッパイです。


続きはこちらから