日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟【オレ赤ちゃん産んでよ!火照った身体は河の水でも冷めなくて】

「姉ちゃんって、こんな声でイクんだ。」

姉が従弟の慰み者にされる隣で、弟は従姉の肉体に溺れてーー

 

夏休み、数年ぶりに親の田舎へ来た都会育ちの姉弟。

そこで彼らが再会したのは、田舎で暮らす同世代の従姉弟たち。
かつては日に焼けるまで遊びまわっていた4人だけれど、いまや思春期を迎えた彼らの興味は別のことに移っていた。

 

「ねえ、もうエッチしたことあるん?」

性に無知で無邪気な田舎育ちの二人に流されて、それぞれ従姉弟と性行為の練習をすることになった姉と弟。

初めはただの悪ふざけだったけれど、年頃の男女がそれだけで収まるはずはなく…
姉は従弟に押し倒されて、弟の前で処女を奪われてしまう。

美しい姉が汚される光景に異様な興奮を覚えた弟は、代わりに従姉の、その日に焼けた発育の良い身体を貪って…

ヤリタイ盛りの少年少女が、田舎で「秘密の遊び」に耽る夏の物語

無料お試し読みは画像をクリック



ネタばれ、あらすじ♪

愛美と涼音がゆっくりリラックスしていると、タケルとヒロトがやってきました。

タケルもヒロトも愛美と涼音の身体を欲しそうに見ています。

そして、また愛美とヒロト、涼音とタケルはセックスをし始めます。

 

すると、タケルは涼音に言います

「俺のチ〇コは気持ちいい?じゃあ都会に帰るなよ!」

「俺と結婚しようぜ!」「俺の赤ん坊産んでよ!」




涼音は、私タケ君のお嫁さんにイクから…と

愛美の方も、ヒロトのチ〇ポを受け入れています。

 

そしてその後、タケルもヒロトも競い合うようにお互いの姉の膣に射〇しまくりました。

射〇して、クチ大きくしてもらってからまた挿入…

と何度も何度も繰り返しました。

感想

若かった時に私自身も、後先を考えずに中〇しをしたことを思い出してしまいました♪

 

私もセックスすると、その人にドはまりするので、タケルが涼音に「結婚してよ」というシーンは感情移入しましたよ。

 

日に焼けるまでの見所の一つに、絵の綺麗さがあります。

少年少女がみんな綺麗でうっとりしてしまいますね。

ジャンルで言うと、青春小説のようにさえ感じてしまいます。

毎回、新しい巻がでるのが楽しみです。

 

何回見ても飽きない、ストーリーと綺麗な絵で楽しませてくれます。

無料お試し読みは画像をクリック