Uncategorized

日に焼けるまで|田舎の従姉弟と姉と弟【「うちたちも…しよ?」】

「姉ちゃんって、こんな声でイクんだ。」

 

姉が従弟の慰み者にされる隣で、弟は従姉の肉体に溺れてーー

夏休み、数年ぶりに親の田舎へ来た都会育ちの姉弟。

そこで彼らが再会したのは、田舎で暮らす同世代の従姉弟たち。

かつては日に焼けるまで遊びまわっていた4人だけれど、いまや思春期を迎えた彼らの興味は別のことに移っていた。

「ねえ、もうエッチしたことあるん?」

 

性に無知で無邪気な田舎育ちの二人に流されて、それぞれ従姉弟と性行為の練習をすることになった姉と弟。

初めはただの悪ふざけだったけれど、年頃の男女がそれだけで収まるはずはなく…

姉は従弟に押し倒されて、弟の前で処女を奪われてしまう。

美しい姉が汚される光景に異様な興奮を覚えた弟は、代わりに従姉の、その日に焼けた発育の良い身体を貪って…

ヤリタイ盛りの少年少女が、田舎で「秘密の遊び」に耽る夏の物語。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽



ネタばれ、あらすじ♪

前作【第3話】で、タケルが涼音の処女をうばってしまう

しかも、お互いの姉・弟が見ている前で!!

タケルは涼音とディープキスまでしてしまう。

 

その様子を二人の姉と弟は見ている。

 

「セックスってこんなに気持ちが良いんだ」

「あ、また2人セックス始めっちゃった。」

 

セックスを横で見ている愛美がもう耐えきれず、自分で自分のオマ〇コを慰め始めた。

そして、愛美もパジャマを脱ぎだす。

 

綺麗なおっぱいを見せながら、ヒロトを誘う。




「うちたちも…しよ?」

 

ヒロトもオチ〇チンを愛美の中に入れようとする。

 

もう先っぽが入っただけで気持ち良すぎる。

愛美が激しく突いてくれとせがむ。

ヒロトもおっぱいを舐めてあげたり、腰を思いっきり動かしたり。

4人はセックスを覚えてから、狂ったように、どこででもやりまくり始めた

感想

今回の話では、先ず涼音の処女が奪われる。

まだ少女っぽい雰囲気の残る涼音の身体。子供から大人に変わる時のまだ痩せているがおっぱいだけは大きくなってきている時の身体。

 

涼音が初めて、男を身体の中に受け入れる時の、表情が何とも言えず、何度もそのシーンを見ました。

くちゅ…

ズボッ…

 

ついに涼音がタケルを受け入れた。

タケルの腰の動きはますます激しくなる。

セックス覚えたての2人が貪欲に、ズボズボ、くちゅくちゅ。

 

イヤらしい音が、さらに私の想像をかきたてます。

私自身のオマン〇も、びちゃびちゃに濡れました。

興奮する一話です♪

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽