帰ってきた息子がキンパツヤリチン

帰ってきた息子がキンパツヤリチン

会員登録しなくても無料で読めます♪

下記に無料で読める方法と、合わせてお得なポイントゲットの方法も書いています。

帰ってきた息子がキンパツヤリチンを無料で読む方法|ポイントもお得にゲット『帰ってきた息子がキンパツヤリチン』の一部を無料で読む方法 会員登録しなくても無料試し読みができます♪ 下の無料試し読み...

 

当サイト管理人の人妻麗子と申します。

いろんなエロ漫画サイトで高評価の「帰ってきた息子がキンパツヤリチン」を手に取って見ました。

 

フリーハンド魂先生の作品を読ませていただくのは初めてなんですが、この先生の作品を読んで、根強いファンになった方がとても多くて…

どんな作品か興味津々です♪

 

続きはこちらから

第一話、あらすじ

成人して間もない息子が一年前ミュージシャン目指して上京した。

 

上京した直後は路上ライブの様子などを送ってくれていたのが、段々とあまり音楽活動とは関係のなさそうな写真を送ってくるだけになり…

 

巣立って1年、突然帰ってきた…

分かりやすく都会に染まって、キンパツチャラ男になって

 

東京での積もり積もった話を聞いてみると、音楽事務所の女社長に(シモ関係の)テクニックを仕込まれ、そのテクニックで女を相手にして荒稼ぎし

挙句の果てにある大物の娘に手を出して稼いだ金額を全て渡して一文無しになって舞い戻ったとのこと

 

俺の帰るところはここしかないんだって…

 

わが子にそう泣きつかれ、また一緒に暮らすことになった

 

 

息子は昼間まで寝ているようなだらしない生活をし、時間ばかり持て余している。

ある日息子が母である私をからかうようにスキンシップをとってくるようになった。

 

だんだんと息子のイタズラはエスカレートしていき

 

とりまイチャつかない?

 

私を膝の上にのせておっぱいをしごき、ズボンの上から下の部分を触ってきた。

 

私は、息子を強くはねつけることもできず、されるがまま耐えていた。

 

翌日…

 

息子は東京であった女性関係の武勇伝を語りながら、私のカラダを触る

 

そしてそのまた翌日…

 

息子は私のブラをふざけ半分に外す。

おっぱいを吸い、パンティに手をかけた瞬間

私はこの子私とする気満々だと気付いた。

 

ママ、俺少し甘えすぎたよね…でも今はどうしても交わりたい…

今晩だけ…

切り替えるきっかけが欲しい…明日からは戻るよ…

 

と言われ母である私は

感想

やはり期待通りもしくはそれ以上の作品です。

絵も少女マンガっぽくなく軽いタッチ。

 

ストーリーに出てくるセリフは現実離れしたものではなく、重すぎず軽すぎず…

こんなお母さん、いてたら良いなと思いました

息子に対する愛情がたっぷりで、(なかなか胸まで揉ませてくれる母はいないと思うけど)心温まるストーリーです。

どんなことがあっても息子を受け入れる…

私も、この先生のファンになってしまいました。