Uncategorized

アオハルメランコリー【清楚な小悪魔千夏先輩】

こんにちは。

当サイト管理人の人妻麗子と申します。

今日は清楚ビッチ系の「アオハルメランコリー」を読んでみました。

 

この漫画の表紙から、しっとりと大人の雰囲気を感じます

表紙の千夏のお股がなんかやらしいですね。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

あらすじ

俺はずっと思いを寄せている人がいた…

俺は野球部所属の高校生。

俺の憧れの人とは、野球部マネージャーの千夏先輩だ。

 

しかし、それはある日を境にして変わる。

俺は部室に忘れ物をしてしまい、取りに行くとそこで千夏先輩と野球部キャプテンがそこでセックスをしたのを目撃してしまったのであった。

 

 

憧れの先輩のあんな姿をみて、俺の気持ちは萎え、その日以来部活に行くのを止めてしまったのだった。

 

それから一週間たったある日の事。

千夏先輩が俺を追いかけてきた。

 

練習出ないの?

もう辞めたいんですっと僕は答えた。

 

そっか…じゃあ 明日の放課後校舎裏にきてね

 

そして次の日校舎裏に僕は行った。

すると、先輩が今度はサッカー部の人とエッチしていたのであった。

僕はびっくりしてその日は帰宅した

 

次の日

 

千夏先輩に偶然出会い、お話したいからちょっとついてきてっと先輩が言う

どこに行くのか分からないまま電車に乗っていたが、結局ついた先は先輩の家だった。

先輩の話とは、先輩はたくさんの人と同時に付き合っているんだが黙っておいて欲しい



僕が黙ってくれるなら最後までしてもいいよ

 

そしてもうすでに反応していた僕のチ〇ポをいきなりぱくっっと咥えてしまった。

ジュポジュポ先輩が舐めてくれる

 

僕は興奮して先輩の口の中に出してしまった

僕の理性はぶっ飛んだ

その瞬間先輩を押し倒し僕は先輩の中に挿入した。

 

次の日、俺は先輩を保健室に呼び出した。

俺は言った

もう一回だけ

じゃないとみんなに言います。と

そして先輩と今日も肌を合わせたのだった


感想

清楚系ビッチというにふさわしい女性、千夏先輩

 

見た目はおとなしそうな美人なのに、野球部の部長とも、サッカー部のあの人とも付き合っている。

千夏は男の人に抱かれている時が一番安心するのと。

 

セックス依存症みたいな部分があると思う

こういう感じの女性って結構多いですよね。

千夏は常に人から必要とされたい人だから、男性の落とし方もよくわかっていると思います。

ものすごくエロイ表情やエロイ台詞が読んでいるこちらの気分を上げてくれますよ

またイラストはディテールまできちんとこだわりがあって、本当にリアルで綺麗な身体です。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽