Uncategorized

ボクの彼女は40歳の人妻【憧れのおばさんにラブレターを書いたら】

こんにちは。

当サイト管理人の麗子です

最近、「熟女」や「人妻」ブームなんですね。

 

私くらいの年代の人間にとっては嬉しい傾向ですね♪

エロ漫画でも、タイトルに熟女や人妻が入った漫画をみかけるようになりました。

今回の作品も「大人のエロ」を見れるのを期待して手にとってみました

ネタばれ・感想お伝えさせてもらいますね

興味を持たれた方は是非本編を読んでみてください


公式サイトに移動する
「ボクの彼女」で検索

第一話 あらすじ

瀬戸裕太

僕は、駅前である女性を待っている

 

斎藤美奈子さん40歳の人妻だ

この女性と僕は今お付き合いをしている

 

元々同じ近所に住む人で幼稚園だったころ僕の事を良く可愛がってくれていた

そしてずっと綺麗な人だなあと憧れてきました

 

先日久しぶりにおばさんに会い、学生になる頃には僕はおばさんをエッチな目で見るようになっていた

 

おばさんの後ろ姿をみた僕はそのお尻を見て興奮したんだ

 

 

触りたい…

 

僕のオチ〇チンに熱い血が流れていくのがわかった

 

僕は家に着くなり、ギンギンになったオチ〇チンを鎮めようとベッドに横たわりおばさんのカラダを思ってオ〇ニーした

 

僕はある日意を決しておばさんにラブレターを書いたんだ

おばさんは結婚して子供もいて…

僕はまだ学生だし

 

僕なんて相手にされるはずないよね

そう思っていると、携帯のメールが届きそれは…

気になる第二話の内容は?

僕はおばさんから僕の告白をOKされるなんて思っていなかった

 

 

でも駅で僕が待っていたのは「おばさん」

そう。おばさんは僕の恋人なんだ

感想

 

小学生?くらいの瀬戸裕太と熟女の斎藤美奈子の恋愛ストーリー。

 

年齢差がありすぎかな?と思ったけど漫画として面白くて一巻を読み終わった今、ドはまりしそうな自分がいます。(笑)

 

最近は熟女ブームで40オーバーの女性が熱いらしいですね。

 

熟女ブームの裏側には、ほどよく肉付いの良いカラダや、大人の女性としての優しさとかが理由としてあるのだと思います。

 

男の子だと、早い子で小学生高学年くらいから、夢精したりエッチな想像したりするのではないでしょうか

 

私の幼い時の最初のエッチな思い出は幼稚園だったので(早熟なんでしょうか?!(笑))この男の子の気持ちは分かります

 

そして熟女となった今は、もしこの漫画のように男の子が私に告白してきたら「カワイイ」と思うし、私を思ってオ〇ニーしてくれてたら女心をくすぐられると思います

 

性欲満載の小学生の男の子と、酸いも甘いも経験してきた熟女の女性がどんな恋愛をしていくのか、見ものですね


公式サイトに移動する
「ボクの彼女」で検索